離婚調停の素行調査

離婚調停の素行調査は、まず無料相談を活用したがいいでしょう。

 

裁判で自分が有利になるために必要な証拠や報告書はなにか?

 

どこまで必要なのかを確認した上で、契約したほうが安心。

 

また提携している弁護士事務所があるかもチェックしてください。
ここも離婚調停で自分を守るために必要なポイントです。

 

裁判での素行調査の証拠(録音テープの場合)

素行調査(浮気調査)において、裁判では不貞行為を複数回以上なければ離婚事由にあたらないため、勝訴することが難しくなってきます。

 

勝つためには、証拠をそろえなければなりません。浮気調査の証拠を握る為には、ホテルへ入っていく写真や映像があればいいのですがなかなか早々に撮れるものではありません。

 

テープレコーダーやボイスレコーダーを忍ばせて浮気の現場を押さえるには、バッテリー切れや忍ばせたレコーダーを気づかれないことが条件となってきますので、こちらも難しいと思います。

 

しかし、録音テープを証拠とするには、比較的使いやすい浮気調査の方法であると思います。実際に浮気相手が分れば、自身で話しに向かい録音しておいたり、自身の配偶者の話を録音しておく方法です。

 

しかし、これには注意が必要になってきます。もし、あなが録音テープを忍ばせて相手に気づかれないように録音していて証拠として裁判で提出したとしましょう。そこで、相手が脅されて、事実と無関係なことをしゃべったと供述すると、たとえ事実とは、違ったとしても証拠としては弱いものとなり、せっかく用意した証拠が決定的なものとは認められません。

 

ですから会話を始める際に、録音テープにあなたが録音していることを相手に伝えた上で録りましょう。そうすれば間違いなく証拠となるでしょう。裁判ではそのほかに録音データを文字に起した反訳書が必要になります。専門業者でもかまいませんが、相談している弁護士に頼むことも可能です。"

 

離婚の素行調査の探偵選び

離婚の素行調査ならまず裁判所で認められる証拠が必要で、
その調査報告書を作成できる探偵・興信所を選びたいもの。

 

また早期に離婚は考えていないとしても、、確実な証拠(しかも裁判所で認定される報告書)を掴んているので有利な立場にある余裕が生まれます。(次のステップを考えられるように)。法律的には証拠は三年の間は有効です。

怪しいメッセとか着信があったとしても、実際の裁判では証拠と見なされないことは往々にしてあります。探偵オフィスでは裁判で認められる証拠を報告書にまとめ提出します。

すすめします。証拠をつかむことで問題解決の進展がある。

 

浮気調査の理由・目的は、よりを戻す、離婚のため、浮気相手への慰謝料の請求などそれぞれの理由があります。重要なことは、浮気が真実であるかを確認すること。

 

この数年の傾向で格段に多いのは、ジムで出会った浮気(不倫)。夫(旦那)のみならず、ごく普通の女性が講師やジム友などと浮気しているケースも増えてます。

話が思うように進展しない時には、冷静な視点で見ることが可能な親や友人に協力をお願いし何度も話し合いを続けて、離婚か関係修復するのかは、あなた自身が決定する必要があります。


後払いOK! 着手金0円の探偵

HAL探偵社
6,000円からできる素行調査

フリーダイヤル 0120-110-836

関連ページ

車内の浮気調査!走行距離メーター
車内の浮気調査!車の走行距離メーターが証拠のキカッケに