婚前調査の費用|一般的な料金とは?

婚前調査
結婚相手の身辺調査(婚前調査)は安い料金も大切ですが、
調査力の高い実績ある探偵・興信所に依頼したいもの。

 

安いだけの探偵・興信所は信頼できません。

 

費用の目安ですが、しっかりした興信所・探偵事務所であれば
1日8〜16万円くらがだいたいの相場。

 

調査員が1名だと安いですが、尾行が失敗する可能性が高いので、
必ず2名以上の調査員をつけてください。

 

婚前調査の総額費用は、
目安として30万円〜80万円

 

これもどこまでの内容を依頼するかで料金は異なります。
※内容は違法性がないものは、だいたいの調査は可能。

 

 

実際に婚約者の知りたい内容を、無料カウンセリングで確認するとうより明確になります。

 

費用は各探偵により料金が異なるので、
できれば3社から無料見積もりをもらって比較してください。

 

 

婚前調査の料金設定を知っておこう

婚前調査

 

最近では婚活パーティーやインターネットでの出会いも増えたため、
相手のことを良く知らないうちに結婚してしまう場合があります。

 

結婚してから相手のことを知り、後悔したりトラブルになるケースも多いです。

 

このようなトラブルを避けるために、また、相手の将来性を見極めるためにも婚前調査を利用するのも一つの手です。
探偵による調査料金には、その探偵事務所によって大きな差があります。

 

1日単位での価格設定をしてる事務所や、
1時間後との価格設定の場合もあります。

 

 

自分の求めている調査内容にって調査方法も異なるので、
無料相談を利用して見積もりをもらうことが一番です。

 

 

婚前調査を探偵や興信所に依頼する場合は費用がかかることになるので、依頼を検討している場合は事前にどれくらいの費用がかかってくるかということもきちんと調べておく必要があります。

 

一般的に婚前調査でかかってくる費用については一つの項目を調べるための費用が数万円程度に設定されているので、たくさん調べてもらいたい項目があればあるほど費用は比例して増えることになります。

 

どのような目的を持って婚前調査の依頼をするかによっても状況は変わってくるので一概には言えませんが、あらかじめ調べて欲しい項目が決まっている場合は予算においても立てやすいと思います。

 

また、同じ項目の調査を依頼する場合も業者によってかかる費用が異なっているので事前に比較して選ぶことも大切ですが、かかる費用についてはインターネットを利用することによっても調べることができます。
気を付けないといけないのは婚前調査にかかる費用が安くなっている場合で、それだけどこかにコストがかかってないことになるので調査内容に隙があるような可能性も疑えてきます。

 

婚前調査をする場合は早めに行動に移すことも大切なので、将来的に結婚したい人が現れた段階から早めに見積もりをしてもらうことも大事です。

 

また、料金の加算方法についても業者によって差があるのでどのように金額が設定されているのかという部分についても調べておく必要がありますが、これについてもインターネットで大まかな情報は収集できるようになっています。

婚前調査の内容は、どこまで?

婚前調査
探偵や興信所に婚前調査を依頼することによって自分が知りたかったパートナーの秘密についても知ることができますが、パートナーの秘密も詳細に調べてもらうことができるので、自分で情報を集めてから調査をする場合に比べると負担が少なく効率的です。

 

探偵や興信所に依頼する場合はできるだけ実績があるところを探して依頼するのが基本になってきますが、実績があるところであれば安心して調査の依頼をすることができて、調査についても円滑に前に向いて進みます。

 

気を付けないといけないのは探偵や興信所は弁護士のように法的な権限を得ている業者ではないという点で、探偵業法といって事業に関する専門的な法律は施行されているものの確実性があるわけではありません。

 

探偵や興信所ができる調査範囲は法律の中での調査になるのでどうやって婚前調査で詳しい情報を得ることができるのか気になる人も多いと思いますが、これについては弁護士と提携しているところが多いので規制される部分は弁護士に代理で調べてもらうことも多くあります。

 

探偵や興信所に婚前調査を依頼する場合はあらかじめ弁護士など専門家が入っているところかどうかということも選ぶ上でのポイントになりますが、法的な専門家がいるところであれば将来的に何か裁判沙汰になった場合でもそのまま依頼して力になってもらえる場合もあります。

 

特に大手の探偵や興信所の婚前調査に弁護士が介入していることが多くなっています。

 

婚前調査はどこまでの内容 ?結婚相手相手の今の状況を知る

どんなに良い人と言われている人でも人というのは二面性を持っていることが多いのが普通で、日頃一緒に生活をしていても裏の顔がなかなか分からないこともあります。

 

結婚してからどんどんマイナスの部分も見えてくるようになるので結婚して人は変わるとも言われているのですが、結婚してしまうと離婚によって婚姻状況を解消することができるものの、離婚した場合は戸籍に傷がついてしまうことになります。

 

離婚してしまうと改めて結婚相手を探そうとした場合に自分に結婚歴があることによって結婚へのハードルはより高くなってしまうのですが、このような状態になってしまうのを避けるためにも結婚する前には相手の事を知るという意味で婚前調査することをおすすめします。

 

婚前調査をする際に相手は調査をされていることを知らないので、何となく後ろめたい気持ちがあるというのも本音だと思いますが、それでも結婚という大きなイベントに関わってくることを考えるときちんと調べて納得をした上で結婚することは大切です。

 

婚前調査を依頼する際に相手の今の状況を調べる場合は過去の事を調べる場合に比べると相手に警戒心がなければ比較的調査はスムーズに進みます。

 

ただし、婚前調査にどれくらいの時間がかかるかについては事前には大まかな部分しか想定することができないので、場合によっては思っている以上にお金がかかるかもしれないという点にも気をつけて費用の概算をあらかじめ調べてもらう必要があります。

 

結婚相手(婚約者)の家族構成を調べる 

 

婚前調査を依頼して調べてもらう場合に相手の家族構成を調べてもらうケースもありますが、特に相手が家族について話そうとしない場合に依頼するケースが多く、この場合は何らかの秘密を抱えている場合がほとんどです。

 

家族を内緒にするケースとして考えられる理由の一つとして既に両親が他界していて身寄りがない場合や児童施設に預けられて育ったなどの理由から家族についてあまり話したくないことがあります。

 

この場合は相手に内緒にしておこうという気持ちよりも自分で話すこと自体に嫌悪感があることも少なくないので、調査で仮にその事実が分かった場合もあまり露骨に触れないように気を付ける必要があります。

 

他のケースとしては身内に犯罪者がいるケースで、特に親や兄弟に犯罪者がいる場合は実際にそれが原因となって辛い思いをしたことも想定されるため、犯罪者の家族を隠すという目的だけでなく自分の心の傷を広げないための防御策として黙っていることもあります。

 

パートナーの家族に犯罪者がいると自分も将来的に好奇の目にさらされることも考えられるので同情だけで考えるのではなくきちんと自分の意志でどうしたいか考える必要もあります。

 

また、婚前調査で相手の家族構成を調べること自体はそこまで難しい調査ではないので当初の見積もり通りに調査も前に進むことが多いのですが、複雑な家族構成の場合だと当初の予定よりもかなり時間がかかってしまう可能性もあるので注意が必要です。

婚前調査の期間はどのくらい

婚前調査
婚前調査にかかる期間時間については調査する案件によっても変わってくるので一概には言えないところもありますが、基本的に数週間から数カ月という期間がかかることもあります。

 

注意点としては結婚の話しが既に具体的に進んでいる場合で、進めば進むほど婚約破棄をするリスクは高くなるので、婚前調査を依頼する場合は同時にどれだけ結婚の話を保留させた状態にすることができるかがポイントになります。

 

興信所に依頼するなら、できれば婚約した直後なら期間に余裕があります。
1ヶ月までも調査は問題ありませんが、挙式が近づいてくると招待状を発送して中止できない期間になるので、
できるだけ早めに依頼したいもの。

 

調査自体は1週間の期間でも可能

 

問題があった時には婚約破棄をして問題がなかった場合には結婚するとなると都合の良いようにも思えるかもしれませんが、結婚は一生を決める大切なイベントであるということを考えるとリスクがあってもきちんと婚前調査をすることが大切。

 

婚前調査をするメリット

 

婚前調査をすることによって自分のパートナーの素性を知ることができるので、これから結婚をしたいと考えている相手が本当に信頼できる人かどうかを確認するための方法としては向いている調査であると言えます。

 

婚前調査で調べてもらう内容についてはさまざまありますが、もっとも多くなっているのは過去のトラブルの有無で、今はとても真面目そうで誠実感あふれる人であっても過去はさまざまなトラブルで逮捕歴があるようなことも調べて見ると発覚することがあります。

 

結婚してから人は変わると言われているように結婚するまでは優しかったのに結婚した後に態度を急変させる人の中には過去に何らかのトラブルを起こしたことがあるケースも少なくなりません。

婚前調査の方法とやり方

婚前調査でプライベートを調査する方法

 

結婚することになったけれど、相手のプライベートに何か問題があるのかどうか知りたくなるのは不思議なことではありません。

 

あとをつけたり、友人に話を聞きまわったり、携帯を覗き見たりと方法は沢山あって自分でも簡単にできそうだと思いがちですが、素人がすることなのですぐバレてしまいご自身の評判を下げることになりかねません。

 

結婚にはお金がかかるので、専門業者に頼んで婚前調査を頼んで余計なお金をかけるのは気が進まないかもしれませんが、不安を抱えたまま生活してその不安が的中してしまって離婚などとなったら、お金だけではなく精神的にも良くありません。

 

専門家に頼めば、あなたの信頼は守られ相手への不安を解消できるので調査をおすすめします。

 

 

婚前調査で家族構成を調査する方法は?
婚前調査で家族構成を調査するには、それを得意としている探偵事務所に依頼するのが最も簡単な方法です。

 

交際中に、ある程度の家族の話などはしてもらえる可能性はありますが、なかなか両親に会わせてもらえなかったり、実家につれていってもらえないなど、不安に思う点が多くなる場合もあります。

 

あまりに家族のことや過去のことを隠す場合には、何か問題を抱えている場合もあります。
素人ではそこを突き詰めるための技術力や知識を持ち合わせていません。

 

そのため経験豊富で、様々な調査への知識を持ち合わせている探偵事務所に協力をしてもらうことが、最も効果的な方法だといえます。
相手にもばれることなく調査することが出来るので、安心して利用できます。

 

婚前調査で異性関係を調べるのに必要な方法は?
婚前調査として結婚する相手の異性関係を調べる際には、探偵事務所に依頼するという方法が良いでしょう。

 

実際に、離婚歴や浮気癖があったという調査事例もありますので、トラブルを未然に防ぐためにも、第三者の調査が重要となります。婚前調査というと、プライバシーを侵害し内緒で相手を調べているのではないか、といったようなイメージがありますが、結婚は人生を大きく変える出来事になりますので、よく相手を理解するのは必要なことです。

 

恋愛結婚でも見合い結婚でも、自分ひとりの一時的な気持ちによる判断だけではなく、利害関係のない第三者の冷静な調査結果に耳を傾けることが、正しい結論を得るためにはどうしても必要になります。探偵事務所では綿密な調査プランを作成してから調査を進めていただけますので、安心して任せることができます。

後払いOK! 着手金0円の探偵

HAL探偵社
6,000円からできる素行調査

フリーダイヤル 0120-110-836